メインイメージ

最近の投稿

印紙分の費用を安く!

株式会社設立の印紙分の費用を安くする

株式会社設立をするための手続きの一つが定款の認証手続きです。作成した定款を公証人役場で認証してもらう事が必要となるのですが、この時のスタイルは紙に印刷するか、それとも電磁的なデータをCDなどで提出するかのどちらかを選ぶことができます。以前は紙に印刷をして提出する事が必要だったのですが、最近になって電磁的なデータで作成することができるようになりました。時代の流れを反映していると考えられます。

紙に印刷をして提出する場合には、作成した定款に4万円分の印紙を貼ることが求められます。以前はこれが普通だったのですが、電磁的なデータで提出する場合には、これが必要ありません。つまり、株式会社設立にかかる費用が4万円分安くなるのです。ただ、それができれば良いのですが、そのためにはいくつかの機材が必要となってきます。

パソコンで作成することになりますから、まずパソコンが必要でしょう。とは言っても、紙に印刷して提出する場合であっても、たいていはパソコンで作成します。それを印刷するのかどうかの違いですから、パソコンはどちらにしても必要になると考えられます。また、会社で事務作業をするときにもパソコンは必要でしょうから、どちらにしても購入しなければならないと考えておくのが良いです。

それ以外にもカードリーダや作成するためのソフトウェアなどが必要になる事もあります。これらを購入するためにコストはかかります。特にソフトウェアが高くつき、数万円くらいは支払わなければならないのです。株式会社設立を何度も行うのであれば最初に購入しておくのが良いのですが、そうではないのなら、購入することによって逆にコストが高くなってしまう可能性はあります。

株式会社設立のコストをできるだけ抑えたいというのであれば、これらの機材を購入する代わりに、業者に委託するのが良いです。業者に委託するための費用はそれぞれで異なるのですが、1万円未満のものも多くあります。1万円未満の料金を支払って、4万円は安くすることができるのですから、これを利用しない手はないでしょう。

このような方法を使うことによって、株式会社設立のコストを安くすることができます。業者を利用して安くした場合には、全体で20万円ちょっとの資金がかかることになります。株式会社設立にはどうしてもこれだけの費用はかかってくるのですが、合同会社設立の場合にはさらに安く、10万円未満で設立することも可能です。”最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Copyright© 2017 会社設立をするのに時期は重要ですAll Rights Reserved.