メインイメージ

法人税の費用

株式会社設立と法人税にかかる費用を考える

株式会社設立にあたって考慮すべきことはいろいろありますが、法人税はその一つです。
法人税は会社の事業所得に課される国の税金のことですが、会社にかかる費用として重くのしかかってきます。

逆にいえば、法人税対策がしっかりできれば会社の経営も好転させられると考えることができます。
株式会社設立においては、Corporate tax対策を考えることが欠かせません。
Corporate tax対策とは、その費用負担をいかに低く抑えるかを考えることです。

まずCorporate taxの基礎知識を得ることが大切です。

Corporate taxとは何か、どんな種類の税金か、どんな法人に課されるものなのかなど、基礎的な知識を知っておかなければなりません。
Corporate taxとは、法人の所得に対して課税される税金のことです。
個人でも1年間に得た所得から課税をされますが、会社も同様で事業所得について課税がなされます。
そして、Corporate taxは国税であることを知っておきましょう。
税金は2種類あって、国税と地方税とがあります。

このうちCorporate taxは国税になります。

ただし、法人として支払う住民税や事業税は地方税になります。

またCorporate taxは直接税でもあります。

税金には、納税者と担税者が同一の直接税と、納税者と担税者が異なる間接税とがあります。
このうちCorporate taxは納税も担税も法人になりますので、直接税として納められます。
さらに、Corporate taxは申告納税方式でもあります。
納税者が自分で税の計算をして申告することを申告納税といいますが、Corporate taxはそれに該当します。

さて、株式会社設立において欠かすことのできないCorporate taxの知識ですが、種類がいくつかあることを覚えておきましょう。

Corporate taxの種類には、事業年度ごとに課される税金、清算所得に課される税金、各連結事業年度の連結所得に対する税金、信託会社を対象にした税金などがあります。
さらにCorporate taxが課される法人についても、知っておく必要があります。
Corporate taxが課される法人は、株式会社・有限会社など普通法人や、農業協同組合・労働者協同組合などの協同組合です。

そして株式会社設立にあたってぜひ覚えておきたいのが、課税されない法人についてです。
課税されない法人は、地方公共団体などの公共法人、社会福祉法人などの公益法人、PTAなどの人格のない社団等があります。
法人の税にかかる知識と対策を知ることは、経営効率化にも欠かせません。
株式会社設立にあたっては、必ず法人の課税に精通するようにしましょう。”

Copyright© 2017 会社設立をするのに時期は重要ですAll Rights Reserved.