メインイメージ

手順と印鑑証明書

株式会社設立に必要な手順と印鑑証明書の使い道

株式会社設立の準備においてやるべき事はいくつもありますが、その手順は計画を立てて行う事が効率的な準備と言えるでしょう。まずは、会社の名前や本拠地、役員、事業目的の他にも株式について必要な事を決めます。これらの事項は後に定款を作成する上で記載をするべき事となるので、その際に正確に決定をする必要があるようです。

それが済んだ後には法務局へ行って称号や事業目的の確認に行く事がお勧めのようです。このタイミングで必ずしも行かなくてはいけないという訳では無いようですが、実際に会社登録に行く場合に二の足を踏む事で費用と時間が余計に掛かる事になるようなので、確認は必要と言えるようです。

その後には印鑑証明書を揃える事が必要となるようです。その使い道とは、作成した定款を公証人に認証をして貰う必要があるのですが、その際に発起人全員の印鑑証明書が必要になるという事です。また株式会社設立の最終的な手続きとして、法務局で株式会社設立の登記申請をする事になりますが、その際にも取締役全員の印鑑証明書が必要になるという事です。

印鑑については、株式会社設立の登記申請の際に会社の印鑑を法務局で登録をする事になるので、その際に注文をしておくとタイミング良く株式会社設立登記申請に間に合うように会社印が出来上がるのではないでしょうか。

その後の手順として定款の作成に取り掛かる事になるようですが、その際に気を付けたい事は紙の定款を作成するのか、または印紙代4万円を節約できる電子定款を作成するのかという事です。株式会社設立の手続きは基本的に専門家に頼らなくても自分の力で行う事も可能となっているようですが、電子定款を作成するには特定のパソコン用のソフトが必要となる事から、その事だけを考慮しても電子定款の作成だけは、行政書士や司法書士、また定款作成代行業者等の中から格安で依頼が出来る所を探して、一任する事がお勧めと言えます。定款に不備があれば公証人に認証を受ける際に何度も足を運ばなくてはならない事も、4万円を節約する事以外に電子定款の作成をプロに依頼する事をお勧めする理由でもあります。

その後定款が完成した後は公証人認証を受けて、資本金を口座に振り込み、登記申請書を作成してから法務局に申請をして手続きは完了となります。

ここまでの手続きに掛かる費用は、定款の作成費用を除くと法定費用としては202,000円が必要となります。資本金は原則として1円でも良いので、その金額は自由に設定をする事が出来ますが、必要最低限の費用は用意をしておく必要があります。”

Copyright© 2017 会社設立をするのに時期は重要ですAll Rights Reserved.